--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-12(Sun)

教科書の効果

以前に記事に書いた本を買ったので、少し読んだ感想を書きます。

僕が買った本は、「萌え絵の教科書(著:refeia)」です。

冒頭の本の説明がかなり共感できました。

恐れ多いですが、refeiaさんの経緯や考え方は、僕の考える妥協点や状況にピッタリ合ったのがその理由です。

「今までは独学で絵を描いてきたけど、いまいち要領が掴めないからコツを知りたい」という人にお勧めです。

しかし、0から始めたいという人には少し端折っているように感じる部分があるかもしれません。

少しだけでも、絵を最初から色塗りまではやったことがあって、流れを何となく掴んでいる方が納得する部分が多いと思います。

今回は線画の描き方を試しながら読んだので、描いたやつを載せておきます。

まず、↓の絵が前に記事にした画像の線画です。

女の子2

そして、↓の絵が本を読みながら描いた線画です。

線画練習1

下の線画の方が線に強弱がついていて、「線画っぽい!」と感じます。

また、線画を描く過程でのバランスのとり方も試してみたので、見栄えが良くなっているように感じます。

まだ本の触りの部分しか読んでませんが、熟読して内容を身に付ければ一気にレベルアップできそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

乙。光の速さで保存した
FC2カウンター
プロフィール

Policy

Author:Policy
ようこそ。
このブログではタイトル通り
「夢」「童話」「趣味」
のことについて書いてます。

twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
pixiv
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。